総合総合sougou

  • 印刷
動画一覧へ
大マグロにさい銭を貼り付ける参拝客ら=8日午前、西宮神社
拡大
大マグロにさい銭を貼り付ける参拝客ら=8日午前、西宮神社

 商売繁盛を願う「十日えびす」(9~11日)を前に、えべっさんの総本社・西宮神社(兵庫県西宮市社家町)で8日、「招福大まぐろ奉納式」が執り行われた。拝殿前にでんと置かれた大マグロに、参拝客が次々にさい銭を貼り付けていった。

 神戸市東部水産物卸売協同組合などが1970年から毎年、大マグロ1匹と大タイ2匹を奉納している。今年のマグロは沖縄県産で全長2・3メートル、重さ220キロ。刺し身にすると1200人分になるという。

 この日午前、同組合員ら約20人が神戸市東部中央卸売市場(同市東灘区)から軽トラックで運び、拝殿前に。周囲を供え物や大漁旗で飾り立てた。神事が終わると、本殿外で待ちわびた参拝客がどっと詰め掛け、「お金が身につくように」と願いを込めながら、硬貨を貼り付けては手を合わせていた。

 「大きなマグロを孫に見せたいと思って来た」という男性(67)=大阪市=は家族4人で参拝。孫の小学1年の男児(7)は「始業式で発表するので、緊張しないよう祈りました」と話した。マグロは十日えびす最終日の11日まで供える。(三津山朋彦)

総合の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 29℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 80%

  • 28℃
  • 22℃
  • 80%

お知らせ