総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
開門と同時に勢いよく駆け出す参加者たち=10日午前、西宮市社家町(撮影・斎藤雅志)
拡大
開門と同時に勢いよく駆け出す参加者たち=10日午前、西宮市社家町(撮影・斎藤雅志)
一番福の佐藤玄主さん(中央)と二番福の竹内紘生さん(右)、三番福の渡部涼さん(左)=10日午前、西宮市社家町、西宮神社
拡大
一番福の佐藤玄主さん(中央)と二番福の竹内紘生さん(右)、三番福の渡部涼さん(左)=10日午前、西宮市社家町、西宮神社

 本えびすを迎えた10日早朝、兵庫県西宮市社家町の西宮神社で、一番福を目指して境内を駆け抜ける恒例の「福男選び」があった。約5千人が参加し、尼崎市立尼崎高校3年の佐藤玄主さん(18)=芦屋市=が5回目の挑戦で一番福を手にした。

 江戸時代ごろに始まり、神事として定着。開門と同時に走って本殿一番乗りを目指し、到着した順に1~3番が福男となる。

 午前6時、太鼓の音が響いて朱色の表大門が開けられると、一気に参加者がなだれ込んだ。約230メートルの石畳を全力疾走し、カーブや坂を走り抜けて本殿へ。一番福が決まると「福男」の連呼が沸き起こった。

 一番福の佐藤さんは昨年11月に陸上部を引退。大学受験を控え、この日も日本史の勉強をしながら開門を待ったという。「勉強もラストスパート。皆さんが健康で、日本が明るくなるよう福を授けたい」と笑顔を見せた。

 二番福は明石商業高校3年の竹内紘生さん(18)=明石市、三番福は昨年の二番福だった川西市消防本部の渡部涼さん(25)=川西市=だった。(土井秀人)

総合の最新
もっと見る

天気(12月10日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 40%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ