総合総合sougou

  • 印刷

 河川敷の木、持って帰って-。国土交通省猪名川河川事務所は、兵庫県東部などを流れる猪名川の河川敷に生える樹木を伐採し、持ち帰ってもらう人や事業所などを募集している。無料で、利用は自由。同事務所は「キノコ栽培用の原木や木工などに」と呼び掛けている。応募は22日まで。

 河川敷の樹木が増水時の流れを阻害したり、流木などが堤防などの河川管理施設を損傷させたりする恐れがあることから、昨年に続いて実施する。

 「樹木を利用したい人に伐採してもらえば、処理費用もかからない」(同事務所)との皮算用だが、昨年は応募者が1人。「PR不足だった」(同)といい、今年は仕切り直す格好だ。伐採予定の同川左岸(伊丹市下河原付近の約4ヘクタール)には、アカメヤナギやアキニレ、ムクノキなど7種類が生えている。

 応募は、同事務所のホームページから。木の切り方などでいくつかの注意点があり、伐採には同事務所職員が立ち会う。伐採期間は2月16日~3月30日。同事務所TEL072・751・1986

(小西隆久)

総合の最新
もっと見る

天気(4月25日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

  • 16℃
  • ---℃
  • 60%

  • 20℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ