総合 総合 sougou

  • 印刷
鶴谷邦弘氏
拡大
鶴谷邦弘氏

 全国高校駅伝男子で史上初の3連覇を含む6度の優勝へ導いた報徳学園高校前陸上部監督の鶴谷邦弘(つるたに・くにひろ)さんが30日午後5時16分、死去した。闘病生活をしていた。73歳。神戸市灘区出身。自宅は神戸市灘区。通夜と葬儀・告別式の日時、会場は未定。

 日本体育大学を卒業後、1967年に母校・報徳学園高校の陸上部監督に就いた。81年に全国高校駅伝男子で初優勝を遂げ、83年からは3連勝を飾るなど、ライバル西脇工業高校とともに「駅伝王国・兵庫」の一時代を築いた。

 95年の阪神・淡路大震災では神戸市灘区の自宅が全壊。部員の多くも被災した中で、翌96年の全国駅伝で7年ぶりの復活優勝を果たした。2004年に当時のコーチと交代し、その後は総監督を務めた。教え子には、北京五輪男子長距離代表の竹沢健介さん、男子短距離界で活躍した伊東浩司甲南大教授らがいる。定年退職後の2010年からは大阪経済大学の陸上部を率いていた。

総合の最新
もっと見る