総合総合sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
クリエーターのコミュニティーづくりに向けて課題を話し合ったトークイベント=東京都渋谷区
拡大
クリエーターのコミュニティーづくりに向けて課題を話し合ったトークイベント=東京都渋谷区

 神戸市は、他の大都市に比べて「クリエーター」が少ないため、デザイン、広告、情報サービスなどの需要を市内で賄えず、年間で3千億円超が市外に流出していたとの試算を明らかにした。市は、こうした分野を市内の経済循環に欠かせない「都市型創造産業」と位置付け、人材の呼び込みや事業創出の取り組みを本格化させる。(藤森恵一郎)

 総務省の2014年経済センサスによると、印刷、広告、インターネット付随サービスなど、主な都市型創造産業とされる8業種の関連従業員は東京23区が91万9360人と突出している。神戸市は1万8986人で、大阪市の16万7781人、人口規模が同程度の福岡市の5万8083人にも大きく後れをとった。また、8業種の集積度合いはいずれも全国平均を下回っていた。

 神戸市が11年産業連関表を基に算出したところ、同市内で8業種の需要が1兆721億円あるのに、市内で生産できたのは7580億円。差額の3141億円が市外に流れたことになる。福岡市は1兆4588億円の市内需要を上回る1兆8448億円を生産し、3861億円を市外から得ていた。

 こうした業種は、新たなビジネスを生む斬新な発想やユニークなアイデアをもたらす。神戸市の担当者は「神戸はものづくりや食の分野は強いが、都市型創造産業が弱い」と危機感を示し「クリエーティブな人材が集まり、活躍できる仕組みが必要」と話す。

 市はこのほど、キックオフイベントとして、神戸ゆかりのクリエーターの対談を東京・渋谷で開催した。

 灘高出身で著名作家らのエージェントを手掛ける「コルク」(東京)の佐渡島庸平社長は「神戸の魅力が曖昧。外国とつながっていたという古いイメージのまま良しとしていないか」と指摘し、魅力の洗い出しと明確化を助言。神戸で不動産紹介サイトを手掛ける「Lusie」の小泉寛明代表は「人が人を集める」と優秀な人材やコミュニティーの必要性を説いた。

 市のクリエイティブディレクターを務めるコピーライター山阪佳彦さんは「神戸は面白そうだから行ってみようと思ってもらえる空気づくりが大切。本腰を入れてデータを集め、取り組みを進めたい」と話した。

 市は2~3月にも経営者や企業家によるフォーラムを3回開く。1回目は2月26日、神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)で、グロービス経営大学院の堀義人学長らが登壇する。

■都市型創造産業 神戸市はクリエーターが集まることで、既存産業の高付加価値化やイノベーション(技術革新)を誘発できる産業分野と定義。印刷▽情報サービス▽インターネット付随サービス▽映像・音声・文字情報制作▽デザイン▽広告▽土木建築サービス▽写真-などの業種が挙げられる。

総合の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ