総合総合sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県川西市は9日、2018年度当初予算案を発表した。阪急・能勢電鉄川西能勢口駅北側に建設中の複合施設「キセラ川西プラザ」が今秋オープン。周辺のアクセス道路なども整備する。

 同プラザは福祉施設や文化ホール、公民館などを集約。施設内には出産や育児の相談、若者の自立支援などを担う「こども・若者ステーション」を設置するほか、元プロ野球選手で名誉市民である古田敦也さんの関連品を展示するメモリアルギャラリーも設ける。

 またポイント制で運動の習慣付けを促す制度「健幸(けんこう)マイレージ」を拡充。新潟県見附市や筑波大学、民間事業者などと連携し、具体的成果の確認などを通じて医療費抑制につなげる。

 市債残高の総額は、17年度当初比で42億円増の753億円。基金残高は同規模の20億1500万円で、厳しい財政状況は続く見込みという。(伊丹昭史)

総合の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ