総合総合sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸市消防局は9日、須磨区の集合住宅に住む70代の男性から119番を受けた司令課職員が、誤った部屋番号を救急隊に伝え、到着が7分遅れたと発表した。男性は心肺停止の状態で見つかり、病院で死亡が確認された。同局は病院の医師の説明から、「到着遅れと死亡との因果関係はない」としている。

 男性は1人暮らし。同日午前5時15分に「息苦しい」と通報した。男性は正しい部屋番号を伝えたが、司令課にある発信地情報を表示するシステムでは、2軒隣の部屋番号が示され、出動の指令が出たという。同29分に到着した救急隊員が部屋が違うことに気付き、通報内容の録音を聞き直した後、通報元の部屋に入ると男性は心肺停止だった。

 同局によると、男性は致死性が高い症状だったという。発信地情報は、電話回線の契約時に通信事業者が登録しており、本来は参考情報として扱い、通報内容との確認が必要という。(若林幹夫)

総合の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ