総合総合sougou

  • 印刷
創刊120周年を機に改定した社是が披露された神戸新聞販売店大会=神戸市中央区波止場町(撮影・風斗雅博)
拡大
創刊120周年を機に改定した社是が披露された神戸新聞販売店大会=神戸市中央区波止場町(撮影・風斗雅博)

 神戸新聞創刊120周年を迎えた11日、神戸新聞販売店大会が神戸市中央区のホテルオークラ神戸であり、兵庫県内の販売店所長や本社役員ら約180人が出席した。節目を機に一新した社旗や改定した社是もお披露目。さらなる地域貢献や販売店との連携強化などを誓った。

 高士薫社長は「大還暦の節目に二つの伝統を変えた」とし、新社旗や自らしたためた社是を紹介した。来春に本格稼働する姫路市の新印刷工場について触れ「播州の真ん中に初めて新聞の印刷工場ができる。播州発の新聞を播州エリアの隅々に展開して部数を伸ばし、神戸新聞盤石の地盤を築いていきたい」とあいさつした。

 続いて、販売部数増や取材協力などで功績のあった26店・グループを表彰した。新設された「くらし応援賞」は、防犯パトロールや地域見守り活動などで積極的に取り組んだ4店に贈られた。

 神戸新聞販売店会の脇水均会長は「新たな社旗のように信頼の翼を大きく広げ、オール神戸一丸となって、次の10年に向け天高く羽ばたいていきたい」と決意を述べた。

(坂山真里緒)

総合の最新
もっと見る

天気(2月23日)

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

  • 11℃
  • -2℃
  • 40%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 13℃
  • 1℃
  • 10%

お知らせ