総合総合sougou

  • 印刷
動画一覧へ
商店街を勇壮に練り歩く全長47メートルの龍龍(ロンロン)=11日午後、神戸市中央区三宮町1(撮影・中西大二)
拡大
商店街を勇壮に練り歩く全長47メートルの龍龍(ロンロン)=11日午後、神戸市中央区三宮町1(撮影・中西大二)

 30回目を迎える神戸・南京町の春節祭(16~18日)のプレイベントが11日、神戸市中央区の南京町周辺や神戸ハーバーランドであり、巨大な竜の練り歩きなどで機運を盛り上げた。

 南京町広場では、爆竹の音とともに、兵庫商業高校「龍獅團」のメンバーら約50人が操る全長47メートルの金龍「龍龍」が登場。太鼓やシンバルなどの打楽器に合わせて大きく体をうねらせて神戸元町商店街や三宮センター街を巡り、集まった観客を沸かせた。

 目の前で龍龍を見た同市長田区の介護福祉士の女性(52)は「とても迫力があってきれいだった。街にはランタンも飾られて独特の雰囲気を感じる」と笑顔で話した。

 このほか、南京町近くにある大丸神戸店の1階では、神戸華僑総会「舞獅隊」が獅子舞で春節祭をPR。神戸ハーバーランドでも、神戸中華同文学校の児童・生徒たちが練習した獅子舞を披露した。

 南京町広場では16~18日、獅子舞のほか、歌や舞踊、太極拳などさまざまなステージが繰り広げられる。南京町春節祭実行委員会事務局TEL078・332・2896

(阪口真平)

総合の最新
もっと見る

天気(2月23日)

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

  • 11℃
  • -2℃
  • 40%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 13℃
  • 1℃
  • 10%

お知らせ