総合総合sougou

  • 印刷
なんとなくテレビを置いているカラーボックス。「見栄えが悪い」し、なんとかならないかなー。
拡大
なんとなくテレビを置いているカラーボックス。「見栄えが悪い」し、なんとかならないかなー。
見た目にもすっきり。見栄えのよいテレビ台が出来上がりました
拡大
見た目にもすっきり。見栄えのよいテレビ台が出来上がりました
〈主な材料〉カラーボックス、ホームセンターでカットしてもらった板、キャスター、接着剤、隠しくぎ、ねじ、金づち、電動ドライバー、やすり、塗料を準備します
拡大
〈主な材料〉カラーボックス、ホームセンターでカットしてもらった板、キャスター、接着剤、隠しくぎ、ねじ、金づち、電動ドライバー、やすり、塗料を準備します
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
〈完成です!〉カラーボックスを引き出しとして生かしつつ、キャスターを付けることで手前に引けます
拡大
〈完成です!〉カラーボックスを引き出しとして生かしつつ、キャスターを付けることで手前に引けます

 こんにちは。フェリシモ女子DIY部です。引っ越してから、テレビ台をどうしようかなと悩みつつ、カラーボックスの上にテレビを載せたままにしていました。見た目がいまひとつなのと、テレビや周辺機器のコードがごちゃごちゃしているのをなんとかしたいなと思い、今使っているカラーボックスを生かしたテレビ台を作ることにしました。

 まず、コの字の台を作ります。その台の下にカラーボックスの本来の前面を上に向けて引き出しとして使います。外側になるコの字の台は隠しくぎを使って接合部分が目立たないように組み立てます。コの字の中にも板があるのですが、この部分が補強になるとともに、引き出しを収めた時のストッパーの役割をしています。ただ、引き出しからコードが出ても中の板が邪魔をしないように、長さは途中までにしています。

 次に、カラーボックスを引き出しにしますが、本来の前面を上にした時に、底になる背板が薄いので、さらに追加で内側に接着剤を塗って補強用の板を敷きます。そうすることで強度も増し、さらに後で付けるキャスターのねじ分の厚さも確保できます。底にキャスターを付けてから、前板と取っ手を付ければ引き出しになります。

 前板はカラーボックスの内側から取り付けます。もともと棚の高さを変えられるダボ穴があるので、目印を付けたり下穴を開けたりせずにねじ留めできました。また背面になるところには、ドリルで大きめの穴を開け、引き出しに入れた家電やテレビゲームなどのコードを通せるようにしました。

 後はやすりをかけて色を塗れば完成です。中に入れる容量も申し分なく、見た目もすっきりし、格好良くなりました。コードのごちゃごちゃも解消できて大満足!みなさんもぜひ、挑戦してみてくださいね。

フェリシモ女子DIY部のサイトはこちら

総合の最新
もっと見る

天気(10月17日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ