総合 総合 sougou

  • 印刷
現在は6両編成で運行するポートライナー。神戸空港の民営化で利用者増が見込まれる=16日午後、神戸市中央区神戸空港(撮影・吉田敦史)
拡大
現在は6両編成で運行するポートライナー。神戸空港の民営化で利用者増が見込まれる=16日午後、神戸市中央区神戸空港(撮影・吉田敦史)

 神戸市は2018年度、神戸空港の利用者増が4月の民営化によって見込まれることに対応し、三宮と同空港を結ぶポートライナーの輸送力を増強するため、編成車両数を現在の6両から8両へ増やすことを検討する。

 ポートライナーの乗客は16年度に2679万人と、この10年間で1・6倍に増えた。企業や学校のポートアイランド進出が相次ぎ、特に通勤・通学が集中する午前8~9時の混雑が課題となっている。

 終着駅のある神戸空港は、4月の民営化後、運用規制の在り方が話し合われる見通しだ。便数が増え、ポートライナーの乗客が増える場合を見据え、輸送力増強に乗り出す。8両化による費用や効果などを見積もるほか、三宮駅のプラットホーム拡張に向けた予備設計も行う。18年度当初予算案に関連分の計3500万円を計上した。

 同市は空港旅客数の増加に備え、新幹線の新神戸駅と三宮、神戸空港の3カ所を結ぶバス路線の新設も目指す。既に神姫バスなどのバス会社と運行に向けて話し合っている。1便当たりの輸送力を確保するため、2台の車両をつなぐ連節バスを客を乗せずに走らせ、運行に支障がないか調べる。

 また、空港の運営主体が神戸市から関西エアポート神戸へ移ることに伴い、市役所組織を再編。みなと総局にある空港事業部を廃止し、傘下の推進課を空港推進課として経営企画部の下に置く。滑走路などを管理運営する神戸空港管理事務所も廃止する。(長尾亮太)

総合の最新
もっと見る

天気(5月21日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ