総合 総合 sougou

  • 印刷
通路が整備された神戸電鉄三木駅=8日午後、三木市末広1(撮影・大橋凜太郎)
拡大
通路が整備された神戸電鉄三木駅=8日午後、三木市末広1(撮影・大橋凜太郎)
下りホームに設置された改札機=8日午後8時18分、三木駅
拡大
下りホームに設置された改札機=8日午後8時18分、三木駅

 神戸電鉄粟生線三木駅(兵庫県三木市)の下り駅舎が全焼した火災で、同社は8日、使えなくなっていた下りホームの利用を9日午後3時14分の同駅発から再開すると発表した。駅舎は取り壊し、ホーム上に改札機を設置して通路を整備する。

 4日に発生した火災で駅舎と民家計3軒が全焼し、火元とみられる民家の住人男性1人が死亡した。5日以降、同駅は上りホームのみを使用し、志染-粟生間は朝夕の本数を約半数に減らして運行していた。

 午前10時~午後2時台はもともと上下線ともに1時間に1本のため、ダイヤは三木駅上り午前9時28分発から正常に戻る。(井川朋宏)

総合の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ