総合 総合 sougou

  • 印刷
金沢和夫副知事
拡大
金沢和夫副知事

 兵庫県の井戸敏三知事は9日、今月末で2期目の任期満了を迎える金沢和夫副知事(61)を再任する方針を議会関係者に伝えた。23日の定例県議会最終日に人事案件として追加提出し、同意される見通し。

 金沢氏は1979年、自治省(現総務省)に入省。総務省大臣官房審議官などを経て、2010年4月に副知事に就任し、14年に再任された。98~02年には兵庫県に出向し、企画管理部長などを務めた。

 井戸知事は同日、会見を開き、再任の理由などを説明。「人口減少や少子高齢化のほか、県政150周年などを乗り切るため、県内の事情に詳しい人材が必要。(金沢氏は)これまで成果を残しており十分に期待できる」などとした。

 一方で、現在5期目となる自らの後継の可能性について質問が及ぶと、「私が決める話ではない。そういう話とは別」と前置きした上で、「十分、有力候補ではあるでしょうし、そうしていかないといけないかもしれない。でも、これからの話だ」と述べた。

 県の副知事は現在、金沢氏と荒木一聡氏(62)の2人体制。これまで3期を務めた副知事はいない。(井関 徹)

総合の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 7℃
  • 90%

  • 12℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ