総合総合sougou

  • 印刷
春の日差しを受けて輝く紅白の梅=たつの市御津町黒崎
拡大
春の日差しを受けて輝く紅白の梅=たつの市御津町黒崎

 春の訪れを感じさせる陽気となった13日、「ひとめ2万本」とうたわれる綾部山梅林(兵庫県たつの市御津町黒崎)で紅白の花々が見頃を迎えた。訪れた人は上着を脱いで散策し、春の彩りと甘い香りを楽しんでいた。

 播磨灘を眼下に望む同梅林は、約24ヘクタールの広大な敷地に12品種が植えられている。神戸地方気象台によると、この日の最高気温は神戸17・9度、姫路18・9度と4月中旬並みに上昇。同梅林では今年、冬の厳しい冷え込みの影響で開花がずれ込み、見頃が例年より1週間遅くなったという。

 初めて訪れた西宮市の女性(44)は「かすみがかった梅林の向こうに海が見えて、夢のような場所ですね」と笑顔だった。

 開園は21日まで。午前9時~午後5時。入園料は大人500円、小中学生400円。黒崎梅園組合TEL079・322・3551(小林良多)

総合の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 33℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

  • 35℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ