総合総合sougou

  • 印刷
中川智子・宝塚市長
拡大
中川智子・宝塚市長
宝塚市役所=宝塚市東洋町
拡大
宝塚市役所=宝塚市東洋町

 兵庫県宝塚市で6日に予定される大相撲の地方巡業「宝塚場所」で、開催市を代表して参加する中川智子市長が巡業の主催者に対し、男性の首長と同様に土俵上であいさつしたいとの意向を伝え、断られたことが5日、関係者への取材で分かった。中川市長は土俵下でのあいさつとなり、神戸新聞の取材に「『女性だから』という理由であれば、おかしい。土俵の上か下かは別として、平等に同じ対応を徹底するよう強く要望する」としている。

 4、5日には京都府舞鶴市や姫路市での巡業で、男性市長が土俵に上がった。中川市長は昨年の宝塚場所では土俵下であいさつしたが、今年は土俵に上がりたいと5日に打診。宝塚市によると、主催する実行委員会側が、日本相撲協会の親方に確認した上で「相撲の伝統に配慮し、下でお願いします」と回答した。

 過去には、女性の太田房江・大阪府知事(当時)が大阪での春場所で、土俵上での知事賞授与を度々希望し、同協会に拒まれた。今月4日の舞鶴場所では、男性の多々見良三・舞鶴市長が土俵上で倒れ、救命のため土俵に上がった女性が、場内放送で下りるように促された。同協会は「不適切な対応」と謝罪した。

 中川市長は2016年、性的少数者(LGBT)を支援するため、同性カップルをパートナーとして認める「受領証」交付制度を導入。性差をはじめ人権課題への対応に力を入れている。(中島摩子)

総合の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 50%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 27℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ