総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
土俵上であいさつを述べる春日野親方=6日午後、宝塚市小浜、宝塚市立スポーツセンター総合体育館(撮影・風斗雅博)
拡大
土俵上であいさつを述べる春日野親方=6日午後、宝塚市小浜、宝塚市立スポーツセンター総合体育館(撮影・風斗雅博)
中川智子・宝塚市長
拡大
中川智子・宝塚市長
土俵上の女人禁制について、自身の思いを話す宝塚市の中川智子市長=宝塚市役所(撮影・風斗雅博)
拡大
土俵上の女人禁制について、自身の思いを話す宝塚市の中川智子市長=宝塚市役所(撮影・風斗雅博)
土俵上の女人禁制について、自身の思いを話す宝塚市の中川智子市長=宝塚市役所(撮影・風斗雅博)
拡大
土俵上の女人禁制について、自身の思いを話す宝塚市の中川智子市長=宝塚市役所(撮影・風斗雅博)
土俵の下の台に立ち、あいさつする中川智子宝塚市長=6日午後、宝塚市小浜、宝塚市立スポーツセンター総合体育館(撮影・風斗雅博)
拡大
土俵の下の台に立ち、あいさつする中川智子宝塚市長=6日午後、宝塚市小浜、宝塚市立スポーツセンター総合体育館(撮影・風斗雅博)

 大相撲の春巡業「宝塚場所」が6日、兵庫県宝塚市立スポーツセンター(同市小浜)で開かれ、開催市を代表して中川智子・宝塚市長(70)が、日本相撲協会が求めた土俵の下であいさつした。中川市長は要請した土俵上でのあいさつができず、「女性という理由で土俵に上がれない。悔しい。伝統は大事にすべきだが、相撲協会は変革する勇気も大事ではないでしょうか」などと述べた。会場では観客から賛意の拍手が上がった。

 土俵下に置かれた台に立ってマイクを握った中川市長は、他都市での巡業では男性市長が土俵に立ってあいさつしていると説明。「私は女性市長ですが人間です。女性であるという理由で、市長でありながら、土俵の上であいさつができない。悔しい。つらい」と訴えると、観客から拍手が起こった。

 さらに「伝統は大事にすべきだが、時代は変わり、女性の知事、市長も増えている。女性の総理大臣も現れるかもしれない」と指摘。その上で日本相撲協会に対し「それでも土俵には絶対に上がってはいけないのか。考えてもらいたい。伝統を守りながら、変革する勇気も大事ではないでしょうか」と呼び掛けた。

 春巡業「宝塚場所」でのあいさつを巡っては、中川市長が5日、男性市長と同じように土俵上であいさつをしたいと、巡業の実行委員会に打診。同委員会は日本相撲協会の親方に確認して「相撲の伝統に配慮し、下でお願いしたい」と回答した。また、日本相撲協会巡業部長の春日野親方は6日、宝塚場所の会場で神戸新聞などの取材に応じ、「協会の決まりなので粛々とやっていく」などと述べ、女性市長が土俵に上がるのは認められないとする協会の方針を示していた。

総合の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 20℃
  • 70%

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ