総合総合sougou

  • 印刷
高い人気を誇ったエヴァンゲリオンの新幹線=2016年、JR相生駅
拡大
高い人気を誇ったエヴァンゲリオンの新幹線=2016年、JR相生駅
スタンプを集めるとプレゼントされるポストカード(ジェイアールサービスネット福岡提供)
拡大
スタンプを集めるとプレゼントされるポストカード(ジェイアールサービスネット福岡提供)
グッズ店に設置されたカウントダウンボード。アニメの世界観が反映されている(ジェイアールサービスネット福岡提供)
拡大
グッズ店に設置されたカウントダウンボード。アニメの世界観が反映されている(ジェイアールサービスネット福岡提供)

 JR西日本がアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をデザインした500系山陽新幹線「500 TYPE EVA」が、5月13日で運行を終える。新幹線「こだま」として新大阪-博多間で1日1往復してきたが、想定を上回る人気のため、昨年3月の当初予定から1年以上延長されてきた。今回が正真正銘の見納めとなり、記念イベントも企画されている。

 「エヴァ新幹線」などの愛称で親しまれ、2015年11月から運行。「500系新幹線と(エヴァンゲリオンの主人公が乗る)初号機が似ている」との若手社員の発案から企画され、アニメの庵野秀明監督が監修、メカニックデザイナー山下いくと氏が車両をデザインした。

 実物大コックピットを備えた1号車、座席や通路にストーリー性を生かした自由席の2号車が外国人観光客からも人気を集め、各地から出発する旅行商品も販売された。

 ラストランを前に、京都鉄道博物館(京都市)では5月6日まで、フィギュアやデザイン画、同新幹線のジオラマなどを展示する特別展が開かれている。博多駅にある新幹線と同名のカフェとグッズショップも5月末で終了。他の3店舗とともに、ポストカードなどが贈呈されるスタンプラリーが始まり、グッズショップの店頭にはカウントダウンボードも登場している。(竹本拓也)

総合の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

  • 36℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ