総合総合sougou

  • 印刷
「ハローキティ新幹線」のイメージ(JR西日本提供)
拡大
「ハローキティ新幹線」のイメージ(JR西日本提供)
ピンク色のリボンが特徴的な「ハローキティ新幹線」(JR西日本提供)
拡大
ピンク色のリボンが特徴的な「ハローキティ新幹線」(JR西日本提供)
ピンク色のリボンが特徴的な「ハローキティ新幹線」(JR西日本提供)
拡大
ピンク色のリボンが特徴的な「ハローキティ新幹線」(JR西日本提供)

 JR西日本は今夏から、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」を車体側面にあしらった500系車両(こだま号、8両編成)を運行する。乗客や地域を「つなぐ」「結ぶ」をテーマに、キティのトレードマーク、リボンでピンク色に飾り付ける。

 新大阪-博多間を1日1往復する予定で、新神戸や姫路など兵庫県内の各駅にも停車する。1号車はJR西管内の地域の魅力を順に紹介するスペースで、初回は鳥取、島根の山陰2県を特集する。2号車はキティの世界観を生かした内装を検討している。

 キティは1975年にグッズ販売がスタート。子どもから祖父母の世代まで親しまれる「3世代キャラクター」が売りだ。JR西の担当者は「海外での人気も高く、訪日外国人にも関心を持ってもらえるはず」と期待を寄せる。

 特設サイトでPRしている。http://www.jr-hellokittyshinkansen.jp

(竹本拓也)

総合の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ