総合 総合 sougou

  • 印刷
2017年度の旅客数が過去最多になった神戸空港=神戸市中央区
拡大
2017年度の旅客数が過去最多になった神戸空港=神戸市中央区
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸市が11日公表した神戸空港の2017年度の旅客数は前年度比12・7%増の307万1974人と、開港(06年2月)の05年度以降で過去最多を更新した。発着便数の7割を占めるスカイマークがけん引したほか、景気拡大に伴う航空需要の増加も追い風となった。(長尾亮太)

 これまで過去最多だった07年度の297万2212人を3・3%上回った。搭乗率も79・4%と、ピークの16年度(77・4%)より2ポイント上がった。

 路線別では、羽田が前年度比2・5%増の110万8171人(搭乗率83・6%)で、全体の36%を占めた。このほか、観光利用の多かった那覇が21・1%増の54万4518人(同76・6%)と高い伸びを示し、長崎も18・7%増の32万4351人(同77・9%)と2桁増。新千歳が5%増の53万4342人(同74・9%)で、鹿児島も4・4%増の20万4773人(同80%)と堅調だった。

 一方、茨城は5%減の20万4478人(同79・7%)にとどまり、前年度実績を唯一、下回った。7月に再開して前年度と比較できない仙台は15万1341人(同78・7%)。

 航空会社別では、就航4社がいずれも前年度比プラスだった。

 スカイマークが14・7%増の227万9666人(搭乗率82・8%)だったほか、全日本空輸が3・5%増の36万5131人(同68・5%)▽ソラシドエアが8・3%増の28万4049人(同75・4%)▽AIRDOが16・6%増の14万3128人(同68・8%)-だった。

 4月に神戸市から運営を引き継いだ関西エアポート神戸は「22年度に327万人」との目標を掲げて旅客増に取り組む。

総合の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ