総合 総合 sougou

  • 印刷
鴻池祥肇氏
拡大
鴻池祥肇氏

 自民党参院議員の鴻池祥肇元防災担当相(77)=兵庫選挙区=が12日までに、改選を迎える来年夏の参院選に立候補せず、引退の意向を示したことを受け、同党兵庫県連は候補者の選定に動き出した。次期参院選の同選挙区は改選数が1増えて3となるため激戦が予想されており、各党とも候補者選びを本格化させる。

 鴻池氏は尼崎市出身。日本青年会議所会頭などを経て、1986年から衆院議員を2期務めた後、95年から参院で当選4回。官房副長官や参院予算委員長を歴任し、小泉内閣で防災・構造改革特区担当相を務めた。安全保障関連法案を審議した参院平和安全法制特別委員会の委員長だった。

 関係者によると、鴻池氏は今月上旬、県連を訪れ、高齢や体調などを理由に今季限りで引退する考えを幹部らに告げた。

 後継には長男の肇一氏(48)や県議の名前が挙がっており、県連幹部は「(候補者を)早く決める必要はあるが、それぞれの意向を確認した上で、どういう風にすればみんなが納得するかを話し合いたい」と慎重に語った。県連内では「一丸となるため公明正大に決定すべき」との声が出ている。

 次期参院選の同選挙区を巡っては、改選を迎える日本維新の会の現職に加え、公明党や野党各党も候補者の擁立を模索している。

(井関 徹、藤森恵一郎、大盛周平)

総合の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 60%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ