総合総合sougou

  • 印刷

 今村岳司前市長(45)の辞職に伴い、15日に投開票された同市長選で、元衆院議員の石井登志郎氏(46)が初当選したことについて、兵庫県の井戸敏三知事は16日の定例会見で、「(前市長の)過激な言動が悪いイメージをつくってしまった。市政をしっかり運営してもらい、市民に対する信頼回復を期待したい」と述べた。

 新聞記者への暴言騒動の末に今村氏が辞職し、選挙戦では市トップの信頼回復が論戦のテーマに浮上。石井氏は次点の元兵庫県議を108票差でかわし当選した。

 井戸知事は投票結果について「候補者が6人になったことで票が分散した」とした上で「石井氏は衆院選で1度当選しており知名度があった」と指摘。「若さへの期待もあったのではないか」と語った。

 森友、加計学園問題を巡る安倍内閣の支持率低迷が影響したとの見方には「(政権批判との)関係があったとする材料は持ち合わせていない」としつつ「本来だったら、もう少し(票が)まとまるところだったが、自民党の中でまとめきれなかったという影響はあったかもしれない」と述べた。

 また、県と同市が統合を議論している県立西宮病院と西宮市立中央病院の扱いを巡って、井戸知事は「統合の基本方向で近く対応案がまとまるのではないか」と言及した。(井関 徹)

総合の最新
もっと見る

天気(4月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ