総合総合sougou

  • 印刷
学校側が自殺した女子生徒の友人から聞き取った内容を記したメモの写し。市教委が個人情報を伏せて公開した
拡大
学校側が自殺した女子生徒の友人から聞き取った内容を記したメモの写し。市教委が個人情報を伏せて公開した
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 2016年10月、神戸市垂水区の市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、神戸市教育委員会は22日、「見つからない」としていた、自殺から数日後に生徒6人にヒアリングしたメモが学校内で見つかったと発表した。学校は昨年8月下旬にメモがあることを市教委に伝えており、遺族も問い合わせていたが、市教委は学校に確認していなかった。市教委は「職務怠慢が原因」と隠蔽(いんぺい)目的を否定したものの、遺族は「隠蔽でしかない」と批判している。

 女子生徒は16年10月6日に自殺を図り、亡くなった。メモは、同月11日に同校の教員が生徒6人から聞き取った内容で、A4判2枚。いじめの内容や生徒間の関係が記されている。

 その後設置された第三者委員会は調査報告書で、メモを学校が「破棄した」と結論付ける一方、内容については「一連の聞き取りで復元されている」と記述。メモそのものは「保管すべきだった」と指摘した。

 市教委は会見で「現段階では、第三者委の調査内容に影響はないと捉えている」とする。当時の校長が「紛失した」としていた経緯は「調査中で明らかにできない」と繰り返した。

 遺族代理人の弁護士によると、メモの内容はおおむね調査報告書に含まれているが、生徒間の関係が詳しく記されているという。

 調査報告書では、他の生徒による容姿中傷などの行為をいじめと認定したものの、自殺との因果関係は明示していない。昨年8月下旬、第三者委がまとめた報告書を見た現校長が、教員が保管していたメモの存在を市教委に連絡。市教委の担当者は「内容は第三者委の調査に反映されている」とし、確認を怠ったという。報告書を読んだ母親も同9月、メモの内容を尋ねる質問書を送付したが、市教委や第三者委から回答はなかったという。

 今年3月、母親が第三者委の調査報告書に対し「調査内容が不十分」とする意見を出したのを受け、校長が今月12日にメモを市教委に提出。その後、聞き取り内容について、当時の教頭が残した「日報」も残っていたことが分かった。

 市教委は今後、弁護士らによる検証委員会を立ち上げ、経緯を調査。5月中旬にも母親に報告する予定。

 女子生徒の母親は神戸新聞社の取材に応じ「隠蔽だ」と厳しく批判。「真実を知りたいという遺族の気持ち踏みにじった」と憤った。(井上 駿)

総合の最新
もっと見る

天気(5月21日)

  • 25℃
  • 16℃
  • 0%

  • 27℃
  • 11℃
  • 0%

  • 26℃
  • 17℃
  • 0%

  • 27℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ