総合総合sougou

  • 印刷
渋滞する明石海峡大橋=2016年5月4日夜
拡大
渋滞する明石海峡大橋=2016年5月4日夜

 「世界最長のつり橋」明石海峡大橋(兵庫県)を含む神戸淡路鳴門自動車道は、今年のゴールデンウイークで、渋滞日本一となる可能性が出ている。本州四国連絡高速道路会社の渋滞予測によると、5日に上りの西淡三原インターチェンジ(IC)-垂水ジャンクション(JCT)間の渋滞が約50キロ。関越自動車道花園IC(埼玉)付近でも3日に約50キロと予測され、両地点が最長とみられている。

 神戸淡路鳴門自動車道では、昨年も垂水JCTを先頭に約45キロとなり、兵庫県内で最長となった。昨年の全国では名神高速関ケ原IC(岐阜)付近の約51キロが最長だったとみられる。

 今年は4連休となる後半の5月3日~5日に集中するとみられ、同社はピーク時刻を避けた出発や迂回路の利用などを呼び掛けている。上り線を利用する際には、渋滞が発生しやすい垂水JCTを避け、一つ先の布施畑JCTを経由するルートなどを勧めている。

 予測される渋滞発生日と時間帯(かっこ内はピーク時刻)、区間は次の通り。

 【5月3日】午前8時~午後6時(午後3時)下り=布施畑JCT-東浦IC約20キロ

 【同4日】午前9時~午後2時(正午)下り=布施畑JCT-淡路IC約15キロ▽午後3時~11時(午後8時)上り=洲本IC-垂水JCT約40キロ

 【同5日】午後2時~翌午前0時(午後7時)上り=西淡三原IC-垂水JCT約50キロ

総合の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 23℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 17℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 80%

  • 23℃
  • 20℃
  • 80%

お知らせ