総合 総合 sougou

  • 印刷
道の駅のリニューアルに合わせて改修された「神戸フルーツ・フラワーパーク大沢」内のトイレ=神戸市北区大沢町上大沢
拡大
道の駅のリニューアルに合わせて改修された「神戸フルーツ・フラワーパーク大沢」内のトイレ=神戸市北区大沢町上大沢

 街のイメージはトイレから-。神戸市は2018年度から市内全域で公設トイレのリニューアルに乗り出す。観光施設やホール、公園をはじめ、21年度までに改修を完了させる全学校園と合わせ、少なくとも約4300基のトイレを洋式化。各部局一斉に取り組むのは初めてで、同市のトイレ刷新としては過去最大規模になる。久元喜造市長は「トイレは街の印象を左右する。洋式化だけでなく女性用を増やすなど使いやすくしたい」と意気込む。(若林幹夫)

 19年のラグビーワールドカップ日本大会は神戸でも開かれ、海外からの旅行客はさらに増える見通し。和式トイレに慣れていない外国人観光客をもてなす環境を整えるほか、高齢者や障害者、子どもにもトイレを使いやすくする。

 まずは大規模な文化、観光施設に着手する。神戸文化ホール(同市中央区)では、大きな公演のたびに長い列ができていた女性用に洋式45基を増設。女性用個室は1・7倍の106基になる。さらに男女合わせて16基を和式から洋式に替える。

 ポートアイランドの神戸国際展示場や、同市北区の道の駅「神戸フルーツ・フラワーパーク大沢」など計13施設でも既存の約130基を洋式化。市内の公園にある公衆トイレ20棟程度の壁を明るい素材にしたり、おむつ交換台を備えたりして建物ごと改装する。六甲山牧場など9施設には温水洗浄便座を導入する。

 子どもたちが日中を過ごす学校でも改修が進む。洋式の経験しかない子どもが増えており、市は4年かけて全小中学校245校にあるトイレの8割に当たる約4千基を洋式に切り替える。

 久元市長は「街を歩く中で市民からトイレが汚いという声をよく聞き、思い切って進める必要があると感じた」と話している。

 街のイメージアップを目指し、公設トイレを一新する動きは全国的に活発化している。東京都は東京五輪・パラリンピックが開かれる20年までに地下鉄駅の95%を洋式化する方針を17年度に固めた。名古屋市は、昨年6月の議会で河村たかし市長が「観光施設や地下鉄の駅を洋式にする」と発言。五輪に向けて名古屋城や観光施設に近い公衆トイレなどから取り掛かるという。

総合の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ