総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸港のポートアイランドに広がるコンテナ岸壁=神戸市中央区
拡大
神戸港のポートアイランドに広がるコンテナ岸壁=神戸市中央区

 兵庫県と神戸市は28日、神戸・ポートアイランドで、播磨町で積み荷を出した後のコンテナ内から、毒を持つ特定外来生物のアカカミアリが見つかったと発表した。現在のところコンテナ外では確認されていないという。

 県によると、コンテナはインドネシア・ジャカルタ港から4月5日にポートアイランドに陸揚げ。26日に播磨町古宮の工場に移され、積んでいた合成繊維の材料が取り出された。同日、ポートアイランドにコンテナが戻された際、3~5ミリの虫十数匹が見つかり、28日にアカカミアリと確認された。市はコンテナを置いた場所の周囲に殺虫剤と粘着性のわなを仕掛けるなど、調査を進めている。

 アカカミアリの原産地は米国南部から中米。国内では沖縄県などに定着し、昨年6月にもポートアイランドで見つかった。(若林幹夫)

総合の最新
もっと見る

天気(3月24日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 3℃
  • 60%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 13℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ