総合総合sougou

  • 印刷
沖縄の基地問題について講演した鳩山友紀夫元首相=神戸市中央区下山手通4、県民会館
拡大
沖縄の基地問題について講演した鳩山友紀夫元首相=神戸市中央区下山手通4、県民会館

 鳩山由紀夫元首相が28日、神戸市中央区の兵庫県民会館で、沖縄・米軍基地に対する地元の動きを追ったドキュメンタリー映画「標的の島 風かたか」の上映に合わせて講演した。北朝鮮と韓国の首脳会談に触れ「北東アジアの安全保障を変えるきっかけになる。沖縄にどんな兵力が必要か考え直す時期にきている」と述べた。

 鳩山氏は「米朝が平和協定を結べばミサイル攻撃もなくなる」とし、沖縄の米軍や自衛隊配備について「抑止力のためにといって、脅威とする国との軍事力競争になっている」と語った。また、米軍普天間飛行場の移設問題について「政府は辺野古が唯一だと言っているが、ほかの選択肢があるのに見向きもしない」などと持論を展開した。(若林幹夫)

総合の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 23℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 17℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 80%

  • 23℃
  • 20℃
  • 80%

お知らせ