総合 総合 sougou

  • 印刷
収容されていたおりでは他の鳥たちに背を向け、孤独な日々を送った(3月中旬、王子動物園提供)=神戸市立王子動物園
拡大
収容されていたおりでは他の鳥たちに背を向け、孤独な日々を送った(3月中旬、王子動物園提供)=神戸市立王子動物園
鳥インフルエンザ対策の収容生活を終え、元気を取り戻したがっちゃん。飼育員らが「自分を人間と思っている」と評する振る舞いの数々で、子どもたちからも愛されている=神戸市立王子動物園
拡大
鳥インフルエンザ対策の収容生活を終え、元気を取り戻したがっちゃん。飼育員らが「自分を人間と思っている」と評する振る舞いの数々で、子どもたちからも愛されている=神戸市立王子動物園

 神戸市立王子動物園(同市灘区王子町3)に、飼育員らから「自分を人間と思っている」と評されるガチョウの雄がいる。放し飼いされている広場で群れに加わることはなく、若い女性に体をすり寄せたり、飼育員の膝に乗ったり-と、興味を示すのは人間ばかり。3月に伊丹市で発生した鳥インフルエンザの感染予防のため、約30羽の鳥と一緒のおりに一時収容された際には、飼育員を心配させるほどの落ち込みぶりだったという。(那谷享平)

 2009年5月に同園で生まれたガチョウの「がっちゃん」。動物と触れ合える広場「動物とこどもの国」で、別のガチョウ2羽やアヒルなどと放し飼いにされている。飼育員らの後ろをてくてく歩く愛らしい姿が人気で、がっちゃん目当てに同園を訪れるファンもいるという。

 飼育員たちが注目するのは、その“鳥ばなれ”した行動だ。人の膝に進んで乗ったり、体をすり寄せたりするのは「本来、鳥のしぐさではない」と獣医師の花木久実子副園長。「人工的に飼育されたひなが人間になつくことはあるが、成長すると普通は人間から距離を取るようになるのに…」と首をかしげ、他の飼育員たちも「絶対に自分を鳥ではなく人間だと思っている」と口をそろえる。

 人間的な振る舞いで飼育員も魅了するがっちゃん。だが、3月1日に伊丹市内で鳥インフルエンザの発生が確認されると、人気者の生活は暗転した。

 同園は飛来する鳥との接触を避けるため、放し飼いにしている鳥をおりに収容するなどの対策を同月3日から実施。がっちゃんもアヒルや鶏など約30羽と一緒に、入園者が入れないおりに移された。他の鳥が身を寄せ合って暮らす中、がっちゃんは完全に孤立。うなだれたようにじっとすることが多く、飼育員を見つけると、出してと言わんばかりに鳴いたという。

 鳥インフルエンザ対策は先月26日に解除。鳥ばかりに囲まれる孤独な生活を2カ月近く送ったがっちゃんも、晴れて元の広場に戻された。すぐに元気になり、大型連休中も連日、子どもたちに囲まれている。相変わらず他の鳥には近づかないが、花木副園長は「おりにいる間はつらかったと思うけど、今は生き生きしている」と目を細めた。

総合の最新
もっと見る