総合総合sougou

  • 印刷
再配信された東播磨地域の観光PR動画(東播磨県民局提供)
拡大
再配信された東播磨地域の観光PR動画(東播磨県民局提供)

 兵庫県南部の東播磨地域を、地味なアイドル「東播磨ちゃん」に見立てた観光PR動画の配信が2日、投稿サイト「ユーチューブ」で再開された。地味さを強調した「自虐的」な内容に明石市から苦情を受け、制作した東播磨県民局が4月20日から公開を停止していたが、明石と協議の上、オリジナル映像のまま12日ぶりの公開となった。

 動画は女性アイドル3人グループ「HYOGO(兵庫)」の物語。ヒロインは加古川、明石、高砂市、稲美、播磨町を擬人化した東播磨ちゃん。異人館や姫路城といった魅力がある「神戸ちゃん」と「姫路ちゃん」に挟まれ、自信のない東播磨ちゃんが、明石焼やかつめしなど自分の魅力に気付いていく。

 動画公開後、明石市の泉房穂市長が「明石はそんなにマイナーな街ではない」などと県民局に苦情を伝えた。自虐的なCMに「炎上も覚悟の上」と強気だった県民局だが、配信停止を決定。その後、ネット上では同市への批判や、再開を求める声が相次いだ。

 県民局は、映像や音声の一部をカットするなどの修正を検討していたが、明石市は「多くの意見を踏まえ、これ以上騒ぎを広げたくない」と判断した。

 再開決定を受け、泉市長は「これを機会に、多くの人に明石を訪れてほしい」とコメント。県民局地域振興室は「ゴールデンウイーク後半に間に合って良かった。今後、動画にとどまらず、アイドルグループ『HYOGO』のイベント出演も検討したい」と話していた。

 東播磨県民局のホームページから閲覧できる。(本田純一)

総合の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ