総合総合sougou

  • 印刷
米朝首脳会談に拉致解決の望みを託す有本明弘さん(左)と嘉代子さん=11日午後、神戸市長田区
拡大
米朝首脳会談に拉致解決の望みを託す有本明弘さん(左)と嘉代子さん=11日午後、神戸市長田区

 史上初の米朝首脳会談が6月12日に開かれることになり、兵庫県内で暮らす北朝鮮拉致被害者の家族は解決に向けた進展に期待を寄せた。

 神戸市出身の有本恵子さん=失踪当時(23)=の母嘉代子さん(92)は長年、米国の大統領が拉致解決の鍵を握ると思っていた。「高齢になり、もう歩くのもしんどい。娘に会うには、米朝首脳会談が本当に最後の機会だと思っている」と声を振り絞った。

 10日、北朝鮮が拘束していた米国人3人を解放し、トランプ大統領が首都ワシントン郊外の空軍基地で出迎える様子をニュースで見た。嘉代子さんは、解放された3人に恵子さんの姿を重ね合わせ「トランプ大統領が必ず日本人拉致問題の解決に口添えしてくれる。少しでも進展するはず」と願った。

 安倍晋三首相も11日、米朝首脳会談へ準備を進める米側に日本の考えを伝える意向を示した。恵子さんの父明弘さん(89)は「安倍首相も同席してほしい」と米朝に日本を加えた首脳会談を望む。「友好な雰囲気を演出しているが、北朝鮮は信用できない。日米で連携を」と注文を付けた。

(段 貴則)

総合の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ