総合総合sougou

  • 印刷
動画一覧へ
姫路城を背に練り歩いた時代パレード=12日午後、姫路市本町(撮影・小林良多)
拡大
姫路城を背に練り歩いた時代パレード=12日午後、姫路市本町(撮影・小林良多)

 初夏の姫路城下を華やかに彩る「第69回姫路お城まつり」(同まつり奉賛会主催)のパレードが12日、兵庫県姫路市の大手前通りなどであった。千姫らゆかりの歴史上の人物に扮した一行が、城とJR姫路駅を結ぶ大通りを練り歩き、約8万2千人(主催者発表)の観衆を前にあでやかな時代絵巻を繰り広げた。

 同まつりは1948年、戦禍を免れた姫路城を復興のシンボルとして始まった。長年8月に開催していたが、真夏の暑さを回避するため、「平成の大修理」を終えた2015年から5月に早めた。

 時代パレードでは、池田輝政の妻で徳川家康の娘督姫に扮した姫路市出身の演歌歌手丘みどりさん(33)が千姫こし入れ行列に姿を現し、笑顔を振りまいた。甲冑に身を固めた子どもらによる大名行列や鉄砲隊、虚無僧も沿道からの拍手を浴びた。

 同まつりは13日まで。よさこいを踊る「ひめじ良さ恋まつり」などがある。同奉賛会TEL079・287・3652

(伊藤大介)

総合の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ