総合総合sougou

  • 印刷
伝統的な純白の夏服で通学する生徒たち=14日午前、神戸市灘区王子町2(撮影・後藤亮平)
拡大
伝統的な純白の夏服で通学する生徒たち=14日午前、神戸市灘区王子町2(撮影・後藤亮平)

 伝統的なデザインで知られる松蔭中学・高校(神戸市灘区青谷町)の制服が14日、夏服に衣替えした。同日朝の兵庫県内は初夏の青空が広がり、純白のワンピースに身を包んだ生徒たちは、同級生らと談笑しながら新緑の通学路を登校した。

 同校の制服は1925年、生徒の保護者が考案したデザインを基に制定。白のワンピースに黒のベルトはほぼ変わっていない。

 今年は夏日が続くことが予想され、例年より1週間早く衣替え。強い日差しの下、生徒たちは汗をぬぐいながら坂道の通学路を歩いた。制服に憧れて入学した中学1年の女子生徒(12)は「神戸のお嬢さまになれた気分。涼しくなったし、気分も新たに授業を受けたい」と笑顔だった。

 神戸地方気象台によると、14日の最高気温は神戸24度、姫路26度、豊岡22度になる見込み。神戸では15~19日の最高気温が25度以上の夏日になると予想する。(村上晃宏)

総合の最新
もっと見る

天気(5月23日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 80%

  • 20℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ