総合総合sougou

  • 印刷
神戸ポートタワーの模型を入れて作れる「グラスボール」などの飾り。発光ダイオード(LED)で照らすタイプが特に人気だ=神戸市中央区中山手通3
拡大
神戸ポートタワーの模型を入れて作れる「グラスボール」などの飾り。発光ダイオード(LED)で照らすタイプが特に人気だ=神戸市中央区中山手通3

 神戸市中央区の観光施設「北野工房のまち」で、小さな神戸ポートタワーの模型をガラスで覆ったり、ろうの中に閉じ込めたりするおしゃれな置物作りが人気を集めている。

 2013年に開業した体験工房「リトルクラフト神戸」。透明のろうの中にガラス製の小物を入れる「ジェルキャンドル」や、小物を配置して球状のガラスで覆う「グラスボール」の製作体験ができ、年間約1万人が訪れる。

 中に入れる小物の題材は海の生き物が主だったが、「ポートタワーなら、より神戸らしい土産になると思った」と代表の上条俊和さん(54)。小型の模型を特注して昨夏から始めると、会員制交流サイト(SNS)などを通じて徐々に知られるようになったという。

 ポートタワー入りの製作体験はグラスボール、ジェルキャンドルとも2160円から。リトルクラフト神戸TEL078・251・6071

(吉田敦史)

総合の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 50%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ