総合総合sougou

  • 印刷
「パン ファンタスティック」をPRする瀬川洋司さん=東京都千代田区
拡大
「パン ファンタスティック」をPRする瀬川洋司さん=東京都千代田区

 パン製造販売のドンク(神戸市東灘区)は24日から、同社のパン職人が世界一の職人を決める国際大会に出品したパンを限定販売する。6月3日まで国内14店で売り出される。

 販売するのは「pain fantastique(パン ファンタスティック) 2018」。首都圏の店舗で製造責任者を歴任してきた瀬川洋司さん(42)が開発した。2001年に入社、16年に「パン業界のワールドカップ」とも呼ばれる国別対抗コンテストに日本代表の一人として出場したときの技量を認められ、今年2月にパリで開かれた4年に1度の国際大会「マスター・ドゥ・ラ・ブーランジュリー」の出場者18人に、日本人でただ一人名を連ねた。

 「パン ファンタスティック」は創造性や目新しさを競う部門への出品作。表面はサクッと、中はみずみずしく、黒ビールとバターを幾重にも練り込んで生みだしたコクのある塩味に、レーズン、クルミなどの食感を交えた。瀬川さんは「中身のジューシーさを出すのが難しかった」と話す。

 直径約12センチの「小」が454円、約23センチの「大」が1296円(いずれも税込み)。兵庫県内では三宮本店、そごう神戸店、西宮阪急店で買える。西宮阪急店では24日午後1時、同3時に、瀬川さん本人が参加する試食会がある。(大盛周平)

総合の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ