総合 総合 sougou

  • 印刷
亡き娘の作品を飾ったギャラリーで「飲酒運転撲滅」のポスターを手にする浜口栄俊さん(右)と雅子さん=神戸市中央区
拡大
亡き娘の作品を飾ったギャラリーで「飲酒運転撲滅」のポスターを手にする浜口栄俊さん(右)と雅子さん=神戸市中央区
美術大で創作に励んでいた生前の浜口望さん(両親提供)
拡大
美術大で創作に励んでいた生前の浜口望さん(両親提供)

 ひき逃げ事件で亡くなった神戸市出身の浜口望さん=当時(23)=は女子美術大学2年生で、創作活動に打ち込んでいた。同市中央区の父栄俊(えいとし)さん(54)と母雅子さん(56)は今春、望さんが残した絵画作品を使って「飲酒運転撲滅」を訴えるポスターを作成、各地で掲示の動きが広がる。事件から19日で千日となったのに合わせ、印刷などの普及費用をインターネットで募るクラウドファンディングも始めた。「飲酒運転をこの世からなくしたい」との思いを込めて。

 事件直前の2015年夏、望さんは生き生きとしていた。東京・青山であったお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(あきひろ)さんの個展で、美術制作チームのリーダーを務めていた。「格好いいのができたよ」。雅子さんは、弾んだ電話の声が忘れられない。

 望さんは、六甲アイランド高校(同市東灘区)時代から絵画が国際美術展で入賞するなど才能を発揮。両親は「『生きている今が楽しくて仕方がない』といった様子で、周りを明るくしてくれた」と振り返る。

 事件後の15年秋、神戸・元町に、望さんの絵や造形作品など100点以上を飾るギャラリーを設けた。友人や知人らに公開し、これまでに700人以上が訪問。生前の人柄と作品が今も多くの人を引きつける。

 しかし、愛娘を失った悲しみが癒えることはない。16年夏にはネット上で、事件を起こした車の同乗者らが海辺でふざける動画を見つけてしまった。「私たちが声を上げないと。のん(望さん)はもう何も言えないんだから」。両親は提訴を決意した。事件さえなければ、望さんは27日で26歳。25日には神戸地裁で尋問があり、同乗者に質問して向き合う予定だ。

 ポスター掲示の協力は、ひょうご被害者支援センターTEL078・362・7512

(小林伸哉)

総合の最新
もっと見る

天気(3月21日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ