総合総合sougou

  • 印刷
姫路市の古墳時代の集落跡から出土した装飾付須恵器=28日午後、県立考古博物館
拡大
姫路市の古墳時代の集落跡から出土した装飾付須恵器=28日午後、県立考古博物館

 兵庫県教育委員会は28日、同県姫路市網干区高田にある古墳時代の集落跡である前田遺跡から、国内で例がない形の装飾付須恵器が出土した、と発表した。大きなつぼの周りに小さなつぼを連結して取り付けた独特の形状で、5世紀末、井戸を廃止する際の祭りに用いられたとみられるという。

 県教委によると、県道整備に伴う発掘調査(1月下旬~3月上旬)で見つかった。遺跡に残る井戸(直径約1・8メートル、深さ約1・3メートル)に、ほかの土器約50点とともに置かれていた。

 出土した須恵器は高さ約13センチ、最大直径約16センチ、重さ約1キロ。つぼ本体の上部周囲に、小さなつぼ5個が棒状の粘土でつながって付いている。祭祀に使われる臼玉もそばにあったことから、揖保川沿いを支配した豪族が井戸を埋める際の祭りで使った可能性が高いという。

 装飾付須恵器は実用品ではなく、祭祀用の土器。全国で約800点、県内で約100点が確認されているが、同様の用途とみられる例は少なく、形も前例がない。県まちづくり技術センターの久保弘幸・技術専門員は「朝鮮半島から日本に須恵器が伝わり、生産に試行錯誤する過程で生まれた一つの形ではないか」と推測する。

 出土品は6月1日~7月31日、県立考古博物館(播磨町大中1)で展示する。発掘時の様子を伝える動画なども公開する。無料。月曜休み。同館TEL079・437・5589

(宮本万里子)

総合の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ