総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県内の犯罪情勢などについて説明した西川本部長=神戸市西区学園西町3
拡大
兵庫県内の犯罪情勢などについて説明した西川本部長=神戸市西区学園西町3

 流通科学大(神戸市西区学園西町3)で29日、西川直哉・兵庫県警本部長の講義があった。西川本部長は学生ら約150人に、県内の犯罪情勢や警察の仕事などについて説明した。

 経営者や官公庁の幹部らを講師として招く同大の「企業論特別講義」の一環。学生たちに警察の仕事を理解してもらおうと、同大の要請に応じ西川本部長が教壇に立った。

 講演では、県内の街頭犯罪が防犯カメラの普及により、年々減少していることを紹介。その半面、ドメスティックバイオレンス(DV)や特殊詐欺などが減少しない現状を取り上げた。

 また、指定暴力団山口組の分裂騒動について「大規模な抗争は今のところ発生していない」としながらも「暴対法による締め付けによって、暴力団の資金獲得方法が巧妙化しているため、対策を講じる必要がある」とした。

 こうした情勢を踏まえた上で「学生の皆さんも、治安の課題を無関係だと思ってはいけない。『どうすればよりよい社会を実現できるか』を、身近な人たちと議論し続けることが必要だ」と訴えた。(杉山雅崇)

総合の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 20℃
  • 70%

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ