総合総合sougou

  • 印刷
東京五輪・パラリンピックに参加するフランス柔道代表チームの事前合宿地に選ばれた姫路市の兵庫県立武道館=姫路市西延末
拡大
東京五輪・パラリンピックに参加するフランス柔道代表チームの事前合宿地に選ばれた姫路市の兵庫県立武道館=姫路市西延末

 兵庫県立武道館(姫路市西延末)のネーミングライツ(命名権)を姫路ケーブルテレビ(同市豊沢町)が取得し、愛称が「ウインク武道館」に決まった。使用期間は6月1日~2021年3月31日で、契約料は年540万円。

 県立武道館は、国内最大規模の二つの道場やトレーニング設備を備え、20年の東京五輪で、強豪のフランス柔道代表チームの事前合宿地に決まっている。

 県教育委員会によると、応募は1社のみ。同社は、地元の子どもたちのスポーツ大会を積極的に番組で紹介し、トライやる・ウィークをはじめ中高生の職業体験事業の積極的な受け入れなど、スポーツ振興や地元密着の取り組みを評価したという。同社は近くにある市立陸上競技場や市立中央体育館など3施設のネーミングライツも取得しており、いずれも「ウインク」の愛称を付けている。(井上 駿)

総合の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ