総合総合sougou

  • 印刷
動画一覧へ
東海道新幹線の最新型車両「N700S」。今後は山陽新幹線区間でも試験走行する=5日午後、JR新大阪駅(撮影・大森 武)
拡大
東海道新幹線の最新型車両「N700S」。今後は山陽新幹線区間でも試験走行する=5日午後、JR新大阪駅(撮影・大森 武)
東海道新幹線の最新型車両「N700S」の車体に付いた金色のロゴマーク
拡大
東海道新幹線の最新型車両「N700S」の車体に付いた金色のロゴマーク

 JR東海は5日、新大阪駅(大阪市)で東海道新幹線の最新型車両「N700S」を公開した。3月20日から夜間の試験走行を始めたが、4日からは走行エリアを拡大し、東海地方以外では初披露となった。2020年度に営業運転を始める予定。

 名称の「S」は「最高の」を意味する英語から取った。空気抵抗を減らすため、従来のN700系に比べ両端を立たせたシャープな先頭車両の形状が特徴だ。

 床下機器の軽量化や車両監視機能を強化したほか、トンネル区間での車体の揺れを半減する装置を新型台車に導入。地震などで長時間停電した場合でも自力走行できるバッテリーも搭載する。コンセントは全席に設置した。

 5日午後0時15分ごろ、N700S(16両編成)は浜松工場(浜松市)を出発。同1時56分ごろ、新大阪駅24番ホームに滑り込んだ。試験走行は加速やブレーキなど基本性能のチェックが主な目的で、今後はバッテリーの自力走行試験や耐久試験などが実施される。

 N700系は07年に登場し、13年に改良型のN700Aが導入されている。(竹本拓也)

総合の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ