総合総合sougou

  • 印刷
遺棄現場とみられる橋。事件当時と同様、現在も木が生い茂る=神戸市北区有野町有野
拡大
遺棄現場とみられる橋。事件当時と同様、現在も木が生い茂る=神戸市北区有野町有野
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 2001年6月、神戸市北区有野町の有野川で、唐櫃小3年の宮崎早紀さん=当時(8)=の遺体が見つかった事件は7日、未解決のまま17年となった。兵庫県警はひき逃げ(06年に公訴時効)と殺人の両面で捜査。司法解剖の結果などから金属製パイプなどを加工した「カンガルーバー」という特徴的な装具の車が捜査線上に上がっていたことが、関係者への取材で分かった。県警は7日午前、神戸電鉄岡場駅でビラを配り情報提供を求めた。(杉山雅崇)

■上流の橋から遺棄か

 「お母さんを迎えに行ってくる」。01年6月3日午後10時ごろに自宅を出た早紀さんは、1人で唐櫃台駅に向かった。ホームをのぞき込む姿や付近を歩くのを、通行人や駅前交番の警察官が見掛けるなど、終電前後の4日午前0時半ごろまでは目撃者があった。

 県警は同日午後に捜索を開始。7日午前8時ごろ、駅北東約2・5キロの川岸で、早紀さんの遺体が浅瀬に打ち上げられているのが見つかった。約300メートル上流にある橋の下の雑木林で、枝に早紀さんの毛髪を発見した。死因は脳挫傷で、4日に死亡したと推定。県警は固い物による衝撃で即死した早紀さんをこの橋から落としたとみている。

■事件現場、特定できず

 捜査員らが着目したのは早紀さんの外傷。右手首の2カ所の骨折と腰の打撃痕などから、車に衝突した可能性が浮上した。金属の板やパイプを加工し、オフロード車などの前面に装着されるカンガルーバーの形状が、外傷の状態に一致するという。

 近くに幹線道路があり、県警は千台以上の車をリストアップしたが特定に至っていない。また、カンガルーバーを装着する車は近年、ほとんど見られなくなった。

 遺体発見時、早紀さんは黄色いワンピース姿だったが、自宅を出た時に着ていた緑色のジャンパーや靴は見つかっていない。「前日までの雨で増水していたこともあり下流まで捜した。容疑者が奪い去った可能性がある」と捜査員は話す。

 06年6月にひき逃げ(業務上過失致死罪)の公訴時効が成立し、県警は殺人事件として捜査している。この日のビラ配りに参加した捜査員は「年々寄せられる情報は少なくなっているが、事件解決のために捜査を続ける」と話した。

 有馬署TEL078・981・0110

■女児被害事件 たつの、加古川で未解決

 兵庫県内ではほかにも、女子児童が狙われた未解決事件があり、県警が捜査を続けている。

 たつの市では2006年9月、塾帰りの女児=当時(9)=が路上で見知らぬ男に胸などを刃物で刺され重傷を負った。県警は付近の防犯カメラに写っていた20~40歳の男の写真を公開して行方を追っている。

 07年10月には、加古川市で小学2年の鵜瀬(うのせ)柚希さん=当時(7)=が何者かに刺殺された。県警によると、帰宅した柚希さんは自宅裏に自転車を止めた後、玄関に向かう途中で胸と腹を刃物で刺された。

 県警は一方で、子どもが被害に遭わないための取り組みも続けており、昨年は小学校での防犯教室や訓練を930回実施。友人との登下校や110番の家・店の位置確認などを呼び掛けている。担当者は「子どもたちの防犯力を高めるため、保護者や周囲の大人が繰り返し教えてほしい」と話す。

(杉山雅崇、石川 翠)

総合の最新
もっと見る

天気(8月16日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 70%

  • 33℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 60%

  • 32℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ