総合総合sougou

  • 印刷
5月6日に行われた定期戦で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大選手(関学大提供、画像の一部を加工しています)
拡大
5月6日に行われた定期戦で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大選手(関学大提供、画像の一部を加工しています)

 日本大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題で、負傷した関西学院大の選手の父奥野康俊氏が10日、自身のフェイスブックを更新し、日大が設立した第三者委員会の調査を受けたことを明らかにした。

 奥野氏によると、この日、負傷した選手らも同席して、第三者委メンバーの弁護士から約3時間半のヒアリングを受けた。その際「あのタックルは怪我を軽くするためのタックルだったのでは」という説明があったとして、奥野氏はフェイスブックに「不愉快」と書き込んだ。

総合の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 23℃
  • 14℃
  • 0%

  • 22℃
  • 12℃
  • 0%

  • 24℃
  • 12℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 0%

お知らせ