総合総合sougou

  • 印刷
大塩民生川西市長
拡大
大塩民生川西市長

 兵庫県川西市の大塩民生市長(72)が、10月21日に投開票される市長選に立候補せず、3期目の今期限りで市長を退任する意向を固めたことが11日、神戸新聞社の取材で分かった。70代の年齢に加え、長年の懸案だった中心市街地再開発などに一定の道筋を付け、後進に市政を委ねる判断をしたとみられる。

 大塩市長は、会社社長や市商工会副会長などを経て、2006年の市長選で現職らを破って初当選。10年の再選後、3期目となる14年の市長選では無投票当選を果たした。

 3期12年で、阪急・能勢電鉄川西能勢口駅の北側に複合施設「キセラ川西プラザ」(今秋開館予定)を建設するなど再開発事業を推進した。また、赤字が続く市立川西病院を民間指定管理者の運営に切り替える方針を示し、経営立て直しにも取り組んだ。

 次期川西市長選を巡っては、兵庫県議、越田謙治郎氏(40)=同市・川辺郡選出=が立候補する意向。保守系会派の川西市議も立候補を検討している。(伊丹昭史)

総合の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ