総合総合sougou

  • 印刷
神戸新聞の全地域版が読めるように=東京都千代田区、カムバックひょうご東京センター
拡大
神戸新聞の全地域版が読めるように=東京都千代田区、カムバックひょうご東京センター

 兵庫県が首都圏向けに開設している移住相談窓口「カムバックひょうご東京センター」(東京都千代田区)で、6月から神戸新聞の全地域版が読めるようになった。

 移住に関する自治体の支援制度や、住民の活動、企業の動きなど地域の現状が伝わる情報をきめ細かく提供し相談者の判断材料にしてもらうのが狙い。九つの地域版が全て読めるように組み合わせた朝刊5部が入り口近くの棚に並ぶ。移住関連の記事は後日切り抜き、地域別にまとめて読めるようにする。

 同センターは2016年1月に東京駅前のビル内に開設され、昨年6月、近くの日本ビルに移転した。今年5月末までに相談に訪れたのは489人、同センターが把握しただけで33世帯54人が兵庫県内に移り住んだ。担当者は「兵庫の地域情報をさらに充実させ、人生の大きな決断をサポートしたい」と話している。

総合の最新
もっと見る

天気(8月16日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 70%

  • 33℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 60%

  • 32℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ