総合 総合 sougou

  • 印刷
扉を開けると生活感あふれる「むき出しのタンク」が…。なんとかおしゃれにできないかなー。
拡大
扉を開けると生活感あふれる「むき出しのタンク」が…。なんとかおしゃれにできないかなー。
古材の風合いを出し、レトロですてきなトイレに様変わりです
拡大
古材の風合いを出し、レトロですてきなトイレに様変わりです
〈主な材料〉ホームセンターでカットしてもらった板、仕上げ用オイル、ねじ、くぎ、金づち、電動ドライバー、じょうごを準備します
拡大
〈主な材料〉ホームセンターでカットしてもらった板、仕上げ用オイル、ねじ、くぎ、金づち、電動ドライバー、じょうごを準備します
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
〈完成です!〉(上)タンクが隠れておしゃれな雰囲気に(下)チャームを引っ張ると水が流れます
拡大
〈完成です!〉(上)タンクが隠れておしゃれな雰囲気に(下)チャームを引っ張ると水が流れます

 こんにちは。フェリシモ女子DIY部です。最近、ウェブで「タンクレス風トイレ」のアイデアをよく見掛けます。タンクレス風とは、トイレタンクを木材などで目隠しして、すっきりとした空間をつくること。早速、わが家のトイレでもチャレンジしてみました。

 まずは、トイレの高さに合わせた骨組みを作ります。今回は表側の目に見える部位には合板を使いましたが、骨組みは完全に隠れてしまうので、安価なSPF材を使用して節約しました。次に、掃除道具を入れるための引き出しを作ります。引き出しの底面の板にキャスターを付けてから、電動ドライバーを使って組み立てます。

 天板には手洗い用の蛇口とおけを備え付けるため、ドリルとジグソー(電動のこぎり)で穴を開けていきます。手洗いおけにはアルミ製のじょうごを使い、ちょっとレトロな雰囲気を目指してみました。そのほかにも、風呂用のたらいや料理のボウルを手洗いおけに使ってもいいですね。

 木材のカットが終わったら、仕上げ用のオイルを塗っていきます。今回は塗るだけで古材のような風合いが出る、色付きのオイルを使用しました。

 さて、タンクレス風トイレのDIYのヤマ場の一つは、水洗レバーをどうするか、です。今回はレバーにひもを固定して、引っ張ると水が流れるような仕組みにしました。天板にひもが通るような穴を開けて通し、家にあったチャームに巻き付けました。こうすれば、よりいっそう生活感を出さずに、おしゃれな仕上がりになります。

 最後に、オイルを塗った合板を、骨組みにくぎで打ちつけたら完成です。大きいものを作ったあとは、達成感もひとしお! みなさんもぜひ、挑戦してみてくださいね。

フェリシモ女子DIY部のサイトはこちら

総合の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 17℃
  • 12℃
  • 10%

  • 16℃
  • 9℃
  • 20%

  • 18℃
  • 10℃
  • 10%

  • 17℃
  • 9℃
  • 20%

お知らせ