総合総合sougou

  • 印刷
7月をめどに運航を休止する方針を固めた「淡路関空ライン」の高速船=洲本港
拡大
7月をめどに運航を休止する方針を固めた「淡路関空ライン」の高速船=洲本港
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 洲本港(兵庫県洲本市)-関西空港間で高速船を運航している「淡路関空ライン」(同)は13日、国土交通省神戸運輸監理部(神戸市中央区)に運航休止を届け出た。休止は1カ月後の7月13日付。関空に降り立つ訪日外国人客(インバウンド)を淡路島に呼び込もうと、昨年7月に10年ぶりに復活させた航路だったが、利用客数が低迷。わずか1年で姿を消すことになる。

 淡路関空ラインは2017年2月設立。インバウンドを島内観光地に招き寄せたい地元経済界などの意向を受け、同年7月9日に就航した。1日5往復を運航し、年間9万人の利用を目指したが、今年5月末までの利用客は約1万6千人にとどまっていた。

 初期投資への補助として、洲本市と、島内3市でつくる淡路広域行政事務組合から計6千万円の助成を取り付けたが、それを上回る赤字が発生。初年度となる18年6月期決算は、最終損益の赤字額が当初予想の2・5倍となる1億5千万円に上る見通し。支援先も見つからず、経営改善の見通しが立たないため運航休止を決めた。

 同社は13日までに、島内3市に運航休止を説明した。会社は清算せずに残す方針。同社の吉村静穂会長は神戸新聞社の取材に「航路廃止とは考えていない。燃料費の高騰も足かせとなったので、現行より小型の船での運航など、3市と協議して再開の道を模索する」と話した。

 淡路島-関空間の航路を巡っては、かつて津名港(淡路市)からも定期便が出ていたが、不採算により01年3月に廃止。洲本港では、洲本市などが出資する第三セクターの運営で同年4月に就航した「洲本パールライン」が、高速バスとの競合などから07年3月に運航を取りやめた経緯がある。(西井由比子)

総合の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ