総合 総合 sougou

  • 印刷
宝塚市役所=宝塚市東洋町
拡大
宝塚市役所=宝塚市東洋町

 兵庫県宝塚市の中川智子市長は14日、性同一性障害の人が戸籍上の性別や氏名の変更を理由に、マイナンバー制度の個人番号が記される「通知カード」の再交付を申請した場合、認める方針を示した。同日の市議会本会議で答弁した。

 全国では京都市が5月、性別適合手術を受けた女性から申請を受け、戸籍の変更に伴う再交付として新たな通知カードを交付した。

 宝塚市も京都市と同様、戸籍の変更を証明する家庭裁判所の審判書の提出があれば再交付するという。中川市長は「性的マイノリティーの方に寄り添った応対に努めていく」と述べた。

 通知カードは個人番号のほか住所や氏名、性別などが記載される。総務省によると、内容に変更がある場合は裏面に書き足される。

 このため性同一性障害の人にとっては、職場などでのカード提示がカミングアウトにつながり、精神的な負担があると指摘されていた。

 総務省は再交付を申請する要件を、紛失や著しい損傷のほか、「市町村長が特に必要と認めるとき」と規定。宝塚市は、このケースに当てはまると判断した。(中島摩子)

総合の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ