総合総合sougou

  • 印刷
名だたる酒蔵が集まる灘五郷。日本酒では3例目のGI=西宮市内
拡大
名だたる酒蔵が集まる灘五郷。日本酒では3例目のGI=西宮市内

 国税庁は28日、地域ブランドの価値を守るため、日本有数の酒どころ「灘五郷」を「地理的表示(GI)」の対象に指定した。同日午前0時から、神戸市灘区東部-西宮市にかけての灘五郷内で醸造や容器詰めをするなどの基準を満たした清酒のみが「灘五郷」を表示できる。違反した場合は改善を指導し、従わない場合は罰金などを科すこともある。

 日本酒の産地指定としては、山形県の「山形」、石川県の「白山」に続く3例目。灘五郷酒造協同組合(神戸市東灘区)の加盟27社から指定要請が出ていた。

 GIは地域の酒類や農産物の品質を保証する制度。産地の範囲、特性、製法などが定義されている。冬の寒風「六甲おろし」、ミネラルを適度に含んだ地下水などの自然的要因から、調和の取れた味わいと後味の切れの良さがもたらされると評価されている。研究者らが丹波杜氏(とうじ)から受け継がれた酒造技術を研究し続けている点も特長とされた。

 兵庫県のGIは農産物の分野で2015年12月、但馬牛と神戸ビーフが指定されている。(竹本拓也)

総合の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ