総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
ハローキティーの合図で出発する新幹線。ホームには多くの鉄道ファンらが詰めかけた=30日午前、JR新大阪駅(撮影・辰巳直之)
拡大
ハローキティーの合図で出発する新幹線。ホームには多くの鉄道ファンらが詰めかけた=30日午前、JR新大阪駅(撮影・辰巳直之)
キティの合図で出発する新幹線。ホームには多くの鉄道ファンらが詰めかけた=30日午前、JR新大阪駅(撮影・辰巳直之)
拡大
キティの合図で出発する新幹線。ホームには多くの鉄道ファンらが詰めかけた=30日午前、JR新大阪駅(撮影・辰巳直之)

 サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」のデザインをあしらった山陽新幹線の運行開始を記念し、JR西日本は30日午前、新大阪駅で出発セレモニーを開いた。キティと駅長が出発合図を送ると、ピンクのリボンが描かれた車両がゆっくりと動き出した。

 8両編成の「ハローキティ新幹線」は、新大阪-博多間を1日1往復する。午前6時40分博多発と同11時29分新大阪発のこだまとして走る。アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の世界観を表現した紫色の新幹線が今年5月に運行を終えた後、大変身した。

 壁、床、テーブルなど、車内のあちこちに愛らしいポーズを取ったキティが配されている。沿線の観光情報を順に特集する1号車では9月まで、鳥取県と島根県の魅力をキティが紹介する。特産品の買い物も楽しめる。

 2号車には特大キティと記念撮影ができるブースも用意されたほか、3~8号車では公表されていない「隠れキティ」が見つかるかも。キティは海外でも人気が高く、この日は外国人観光客も含めて指定席は満席となった。(竹本拓也)

総合の最新
もっと見る

天気(12月20日)

  • 14℃
  • 8℃
  • 40%

  • 13℃
  • 3℃
  • 40%

  • 14℃
  • 7℃
  • 40%

  • 13℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ