総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 国土交通省は2日、関西圏の高速道路未整備区間の一つ「大阪湾岸道路(阪神高速湾岸線)西伸部」について年内に着工する方針を明らかにした。東京都内で開かれた阪神間の湾岸エリアなど高速道路の早期整備を求める国会議員連盟の総会で、高橋克法国土交通政務官が報告した。

 同西伸部は、阪神高速神戸線の慢性的な渋滞を緩和するため兵庫県や神戸市などが早期整備を求め、2016年に六甲アイランド北(神戸市東灘区)-駒栄(同市長田区)間14・5キロの事業化が決定した。総事業費は約5千億円、完成までに10年程度かかるとされる。

 高橋政務官は総会で、六甲アイランド内の工事の入札に関する情報を先月末に公表したことを報告し、「年内の着工に向けて手続きを進める」と述べた。阪神高速道路会社の幸(ゆき)和範社長は駒栄地区のトンネル工事着手への手続きを進めていることを明らかにした。

 総会には兵庫県関係国会議員のほか、井戸敏三兵庫県知事、石井登志郎西宮市長、岡口憲義神戸市副市長ら約100人が出席。名神湾岸連絡線の詳細ルート検討▽神戸西バイパスの自動車専用道路部と一般道路部の同時開通-などを求める要望書が県、神戸市の議員連盟から国交省幹部らに手渡された。(今福寛子)

総合の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ