総合総合sougou

  • 印刷
菅井竜也王位(右)の先手で始まった王位戦7番勝負第1局=4日午前、愛知県豊田市のホテルフォレスタ
拡大
菅井竜也王位(右)の先手で始まった王位戦7番勝負第1局=4日午前、愛知県豊田市のホテルフォレスタ

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之八段(28)が挑む第59期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)の第1局が4日午前9時、愛知県豊田市の「ホテルフォレスタ」で始まった。

 将棋界で初となる、平成生まれの棋士同士のタイトル戦。菅井は昨年、羽生善治二冠(47)から王位を奪取。今期防衛すれば八段に昇段する。豊島は6度目のタイトル挑戦。羽生二冠と5番勝負を戦う棋聖戦と併せ、悲願の初タイトルを狙う。

 振り駒で菅井が先手となり、定刻、立会人の谷川浩司九段の合図で初手を「5六歩」と指した。菅井は5五歩(5手目)で位を取った後、中飛車を選択。対する豊島は居飛車で、角道を開けないまま玉の囲いを進めた。谷川九段は「お互い予定していた戦い方だろう。今後は互いの銀の動きが注目される」と話した。

 持ち時間は各8時間。初日は午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の5日は午前9時に再開し、夜までに決着する見通し。

 

 【王位戦】中継サイトはこちら

総合の最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 19℃
  • 70%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 27℃
  • 21℃
  • 80%

お知らせ