総合 総合 sougou

  • 印刷
裏山が崩れ、1階部分に流入した土砂で激しく損壊した民家。住人4人はいずれも無事で、近隣住民とともに避難した=7日午後0時27分、三木市志染町三津田(撮影・井川朋宏)
拡大
裏山が崩れ、1階部分に流入した土砂で激しく損壊した民家。住人4人はいずれも無事で、近隣住民とともに避難した=7日午後0時27分、三木市志染町三津田(撮影・井川朋宏)
大雨で被災したJR福知山線の線路=7日午前11時21分、丹波市市島町(撮影・大田将之)
拡大
大雨で被災したJR福知山線の線路=7日午前11時21分、丹波市市島町(撮影・大田将之)

 兵庫県内では7日も激しい雨が降り続き、土砂崩れや住宅損壊が各地で相次いだ。床上・床下浸水の被害は計300棟に上った。

 神戸市灘区の篠原台地区では6日夜に山肌が崩れ、住宅街を通る生活道路が約300メートルにわたって土砂で覆われた。中には膝元近くまでたまった場所もあり、約40人が消防隊員に救出された。

 近くの神戸大に姉と2人で身を寄せた男性(57)によると、土石流は数回続き「バイクやサッカーボール大の石も一緒に流されていた」と証言。食料品と薬を持ち、土砂を乗り越えて避難したが、降り続く雨で撤去のめどは立たない。男性は「埋まった道は私道。今後誰が復旧することになるのか」と困惑していた。

 家屋の床上・床下浸水が約150棟に上り、県内で最も多かった丹波市。JR福知山線の丹波竹田-市島間では、水路や農地からあふれた雨水で線路周辺が削られたのか、基礎部分がむき出しになり、流木が積み重なった箇所もあった。

 加東市河高では加古川の水があふれ、近くの民家2軒と2事業所が浸水、周辺の道路も冠水により通行止めになった。2004年の台風23号で床上浸水の被害に遭った男性(69)。昼ごろには自宅近くまで水が迫ったが、「ぎりぎりで助かった」と安どし、妻(66)も「雨が降り続き、3日間神経をすり減らした」と話した。(篠原拓真、大田将之、笠原次郎)

総合の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ